« モリンガのナン | トップページ | からだのサインをきく。 »

冬のモリンガシードオイルの使い方

私は、以前は高い美容液などをコテコテに塗っていました。


今までがコテコテのケアだとしたら、今のスキンケアはいたってシンプル。


モリンガコスメに切り替えた時は、肌の潤いが足りないように感じていました。


戻りたい気持ちを抑えながら、肌の質を変えようと続けてみました。


今では、肌馴染みも良くなり、お肌も健やかになりました。


気持ちを上げたい時などには使いますが、ファンデーションは塗らなくなりました。


使うときは、本当に気になるところだけパウダーを使用しています。


なにも顔全体に塗ることはないんですね。


乾燥するこの季節は、モリンガシードオイルが大活躍!!

Simgp3894


夏には1プッシュでよかったのですが、この時期は足りません。


今は乾燥が気になるところに重ねづけします。


ついでに唇にもぬります。


手についたオイルは手の甲や、髪の毛先に馴染ませます。


ひざ、ひじ、かかと、爪のケアにも最高です。


赤ちゃんや小さいお子さまにも安心して使えますよ。

娘の保湿には、今まで、香草蒸留水とオイルは別につけていたのですが、


オイルが髪の毛につくと、ぺった~り、ギトギトになります。


まだ毛量も少ないのでしょうがないですね。


濡らしたガーゼではきちんと落ちず、保育園に預ける際に、


『髪にオイルがついちゃいました。ちゃんと、お風呂入ってます!』


と言いたくなります。


今は、香草蒸留水ローズを手のひらにとり、モリンガオイルを1プッシュ


したものを混ぜています。


香りもお気に入りのようで 『シュッシュスル!』 と座って待ってくれています。


モリンガシードオイルはキャリアオイルとしても使用できます。


ベビーマッサージの際に、お好きなエッセンシャルオイルを加えてみてください。


ママもお子さんもリラックスできますよ。


それぞれ効能のあるアロマオイルとモリンガオイルを使用して、


鼻づまりの時に鼻の下にぬったり、咳が酷い時は背中や肺付近に擦り込みます。


※濃度もありますので、必ず専門書の指示に従い使用して下さい。


『 手当て 』 とはよく言ったもので、具合が悪い時、


母のあたたかい手は何よりの特効薬です。


自分の手をこすり合わせて温め、症状のあるところに手をあてるだけでも


いいんです。


冷え症改善中で、手が氷のような私は、お湯で温めてから触れるようにしていますが!


快適に、楽しく冬を過ごせますように。

|

« モリンガのナン | トップページ | からだのサインをきく。 »

Moringa Cosmetics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285873/37848699

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のモリンガシードオイルの使い方:

« モリンガのナン | トップページ | からだのサインをきく。 »